便利な貸倉庫、トランクルームを利用しよう

貸倉庫、トランクルームの仕組みや利用方法について

貸倉庫 トランクルーム

預けれないモノ

2014年4月10日 | 貸倉庫 | Permalink

倉庫に荷車

貸倉庫やトランクルームなどに荷物を預ける際に注意すべきこととして、何を預けるかを考える必要があります。
それは、それぞれのサービスによって、預けられるモノと預けられないモノがあるためです。
そのため、何を預けるかによっても利用できるサービスが決まってしまうこともあります。
事前に調べるようにしましょう。

仕事

2014年4月10日 | 貸倉庫 | Permalink

積み上げたトレイ

貸倉庫やトランクルームを利用する際は、なにも家庭で利用する道具だけである必要はありません。
仕事で利用する道具も利用することができます。

・仕事
仕事や通勤で利用するものを預けることもできます。
具体的には、書類、CD、ファイル、パソコン、備品などを預けることができます。
特に、トランクルームは警備体制などが整っていることが多いため安心して利用することができます。

また、仕事の出張などでも利用することができます。
出張や海外転勤などの際には、トランクルームを利用することで、残していくものを安全に保管することができます。

さらに、通学時の着替えや傘などを預けることで、いざというときに利用することもできます。
このように、仕事で利用するものを保管して、より効率的に、安心して利用することができます。

季節

2014年4月10日 | 貸倉庫 | Permalink

トランク扉1つ開く

貸倉庫やトランクルームなどを利用するには、目的を明確にする必要があります。
また、どうやったら効率的に使えるのか、使い方をあらかじめ調べるようにしましょう。

・季節
荷物を保管する際には、季節ごとに利用することも有効です。
特に、四季の変化が激しい地域は、利用することで、季節に合わせて道具などを利用することができます。
たとえば、ウィンタースポーツの道具屋、冬用タイヤ、マリンスポーツの道具などは季節ごとに預けることもできます。

屋外コンテナ

2014年4月10日 | 貸倉庫 | Permalink

段ボール少し開いてる

貸倉庫やトランクルームは、警備体制や管理体制が高いといわれます。
これに対して、屋外コンテナは警備体制と管理体制が緩いということができます。
しかし、いくつかのメリットもあります。

・屋外コンテナ
屋外コンテナの特徴としては、大きなものを収納できることです。
そのため、引っ越しの際に利用されることも多くあります。
ただし、およそ7割の業者が荷物の出し入れを利用者の自己責任としています。
これは、荷物の保障の義務がないためです。
大きなものを一時的に保管できるメリットがある一方で、デメリットもあります。
それは、屋外であるため、大雨や暴風、湿気などの影響を受けやすいということです。

荷物を預ける際の価格帯は、トランクルームやレンタル収納スペースよりも安価に利用することができます。
屋外コンテナの業者を選ぶ際は、大きな荷物を保管することが多いため、交通などの利便性を考慮することが必要です。
目的に応じて利用するようにしましょう。

選び方

2014年4月10日 | 貸倉庫 | Permalink

並んだコンテナの扉

貸倉庫やトランクルームを利用するときには、選び方が重要になります。
そのため、自分の目的や用途に合わせて利用することが必要です。

・ポイント
選び方のポイントとしては、荷物の量と必要なスペース、目的を考慮することが必要です。
また、特定の目的、たとえば「趣味のスペースがほしい」という時は、レンタル収納スペースを利用することができます。
出張などの短期で荷物を預けるときにはトランクルームを利用しましょう。
トランクルームは警備体制や管理体制が整っていることが多いためです。